コマ割り等も指導している

描く人

デッサン力を身につける

多くの高校生が今マンガ家になりたいと強く思っています。マンガ家になる事で自分が作った話を多くの人に読んでもらう事ができます。また、マンガ家として有名になると収入がかなり増える事もあります。夢のある職業として全国各地の高校生の憧れの職業となっています。そんなマンガ家ですが、今はネットを通して自分の作品を出版社まで持っていかなくても編集者に読んでもらえる機会が増えました。とはいえ何もマンガの勉強をしていない人がマンガ家になるのは至難の業だと言われています。ですので今マンガ家に本気でなりたいと思っている高校生の多くが卒業後マンガの専門学校に通っています。特に学生から評価が高い場所が在学中に担当がつく可能性がある専門学校です。プロになるために重要な事は担当がつくかどうかだと言われています。担当がつく事で様々な雑誌等に自分の作品が掲載される可能性が高くなるからです。専門学校に通う期間ですがその学校によって違います。2年制か3年制の場所が多いです。特に3年制の場所は基礎から絵を習う事ができるので今まで絵を描いた事がない高校生が基礎から絵を上達させるために活用しています。3年制の専門学校ですが、まず最初の1年でデッサン力をしっかりとつけ、その後マンガの描き方を学びます。また、コマ割り等の表現力等についてもプロから指導を受けられます。その後2年3年でデジタル原稿を描く方法や海外研修等で視野を広げ、様々な展開で面白い話を描けるマンガ家になるための勉強をします。

Copyright© 2018 マンガ家が目指せる高校選び【早くからデビューする】 All Rights Reserved.