学費の相場はどれくらい

男性

費用の詳細を知ろう

マンガ家に憧れて勉強しても独学では限界があることから、幅広い知識や独特の技術を学べるよう専門学校が用意されています。将来の仕事に関わる勉強となるので、専門学校に通うことに疑問を持つことはありませんが、どうしても費用というものは気になってしまいます。そこで、マンガ学科に通うのにどれくらいの費用がかかるか、内訳なども踏まえて考えてみましょう。マンガ学科の学費は専門学校ごとに違いがあるため、明確な数字を出すことはできませんが、おおよそでは110〜150万円あたりが相場となっています。これは初年度の入学金を含めた費用で、大体10万円前後が必要になるため、2年度からは入学費を差し引いた学費となります。学費の内訳は入学金のほかに授業料、教材費、施設設備などがあります。専門学校によっては呼称が違ったり、教育充実費などの諸費用がかかることもあります。教材費は教科書やマンガを書くために必要な画材が用意されていて、年度による違いもありますが、年間およそ10万円前後です。施設設備もパソコンを使った授業などがあるので、それらの使用に対する費用がかかります。最も高額になるのは授業料で、やはり教育者の人件費などがかかるためか、年間60万円くらいから場合によっては100万円を超えるところもあります。これを基本的に2年で修了するため、学費の総額はおよそ200〜280万円となるようです。費用の差が大きいように見えますが、実は高額な専門学校でも時間単位で換算するとそれほど違いがないこともあるので、金額だけで決めず授業内容などの評判から選ぶようにしましょう。

Copyright© 2018 マンガ家が目指せる高校選び【早くからデビューする】 All Rights Reserved.