漫画

好きなことを学ぶ

マンガの専門学校では、マンガを描く技術に加えストーリーの構成などを学習できたり、デジタル技術を学ぶことができる。これらの学校を選ぶ際には、その学校がどのような点に力を入れているかを確認しながら選ぶと良い。

詳しく見る

描く人

コマ割り等も指導している

今高校卒業後に本気でマンガ家を目指したいと希望している人の多くが専門学校に通っています。特に3年制の場所は3年間かけてじっくりとマンガの描き方を基礎から勉強できるのでしっかり学びたい人に人気があります。

詳しく見る

男性

学費の相場はどれくらい

マンガの幅広い知識や独特の技術を学ぶことのできる専門学校も、授業内容などに関係して学費が違ってきます。学費の内訳もそれぞれ異なっているので比較しづらいものとなっていますが、授業時間などで換算するとそれほど違いがなかったりします。

詳しく見る

10代からプロを目指す

鉛筆

全日制とは違って専門的

現在の日本では多くの人が中学を卒業した後に高校へ進学することを選択しますが、中には全日制の高校に進学するのではなくより専門的な勉強をしたいと通信制高校を選択する人もいます。通信制高校は基本的に自宅で勉強を進めることが出来るので自由な時間が多いという特徴がありますが、それだけではなく豊富なカリキュラムが用意されているというのも大きな特徴となっています。中には全日制の高校では学ぶことが出来ないマンガの勉強をすることが出来る場合もあります。日本のマンガと言えば国内だけではなく世界中で人気となっており、将来マンガ家になりたいと考えている人もいるでしょう。人気マンガ家と呼ばれている人達の中には早くからデビューしている人も珍しくなく、中には10代でデビューするような人もいます。そういった早くからデビューするためには出来るだけ早くマンガについて勉強する必要がありますが、通信制高校であれば高校時代から本格的にマンガに取り組むことが出来るようになっているのです。中にはプロとして活躍しているような人が講師を行っている通信制高校もあるため、プロの指導によって独学で学ぶよりもずっと効率良くマンガについて学ぶことが出来ることもあります。また、時間的な自由が多く全日制とは違ってマンガについても本格的に学ぶことが出来ますが、あくまでも高校であるために高校教育課程も修めることが出来るというのも大きな特徴となっています。また、マンガだけでなく、ゲームクリエイターなどの他のスキルを習得できる学校も存在します。ゲームクリエイターになるという希望があるのであれば、資格を取得しておくと就職に有利になります。まずは自身がゲームクリエイターに向いているか調べてみて、専門の学校を探しましょう。

マンガ

夢を追うための学校

マンガについて学習できる高校に入学する場合、通常授業との割合をチェックして自分に合う場所を探しましょう。またどのような高校を選ぶのかによって学習できる内容も大きく変わります。例えばCGについて学びたい場合、3DCGに対応しているか学習の中身もチェックしましょう。

詳しく見る

人形

他にはない出会いがある

マンガ専門学校に入学すればプロデビューするために有利な人と出会うことができます。人気のある専門学校に入れば、憧れの漫画家の下でアシスタントをする機会にも恵まれるのです。またこうした場所ではキャラクター制作からマンガ制作まで専門的な技術を身につけることができます。

詳しく見る

Copyright© 2018 マンガ家が目指せる高校選び【早くからデビューする】 All Rights Reserved.